タグ別アーカイブ: 大引け

東証大引け 6日続伸、ダウ平均の最高値や円安、アジア株高を好感 

  • 米国株、ダウ続伸し86ドル高 連日で最高値、ナスダックは反落投資情報サイトTRADER-FAN 21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸した。前日比86ドル52セント(0.3%)高の2万6743ドル50セントで終え、連日で過去最高値を更新した。米中の貿易摩擦に対する過度な警戒が後退し、これまで売られてきた中国関連株を買い戻す流れが続いた。ダウ平均は一時112ドル高まで上げ幅を広げた。米国株、ダウ続伸し86ドル高 連日で最高値、ナスダックは反落   …

  • 東証大引け 6日続伸、ダウ平均の最高値や円安、アジア株高を好感 投資情報サイトTRADER-FAN 21日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、前日比195円00銭(0.82%)高の2万3869円93銭で終えた。20日の米ダウ工業株30種平均が約8カ月ぶりに過去最高値を更新したことで投資家心理が一段と上向いた。外国為替市場で円相場が一時1ドル=112円台後半まで下落したほか、中国・上海総合指数などアジア株が軒並み高となったことも買いに弾みを付け、午後は一段 …

  • 米国株、ダウ251ドル高で最高値 貿易懸念和らぎ投資家心理が好転 投資情報サイトTRADER-FAN 20日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が3日続伸した。前日比251ドル22セント(1.0%)高の2万6656ドル98セントで終え、1月下旬以来およそ8カ月ぶりに過去最高値を更新した。米中貿易問題への過度の警戒感が後退し、投資家心理が強気に傾いた。  中国での売上高比率が高く、貿易摩擦が逆風になるとされる資本財関連の一角に買いが続いた。建機のキャタピラーはアナ …

  • 東証大引け 小幅続伸、通商懸念後退で 総裁選後に一時下げ投資情報サイトTRADER-FAN 20日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に5日続伸した。前日比2円41銭(0.01%)高の2万3674円93銭で終えた。米中貿易摩擦に対する過度な警戒感の後退から建機株などが上昇した。米長期金利の上昇が、利ざや改善を意識した金融株の買いを誘った。一方で、相場が急ピッチで上昇してきたことから過熱感への警戒も強く、利益確定売りが上値を抑える展開となった。東証大引け  …

  • 米国株、ダウ続伸し158ドル高 ゴールドマンとJPモルガンが押し上げ投資情報サイトTRADER-FAN 19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比158ドル80セント(0.6%)高の2万6405ドル76セントと1月29日以来ほぼ7カ月半ぶりの高値で終えた。米中貿易摩擦への過度の警戒感が後退し、建機のキャタピラーなど資本財関連が買われた。米長期金利の上昇を受けて金融株が買われたのも相場を押し上げた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落し6 …

  • 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し投資情報サイトTRADER-FAN 19日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸した。前日比251円98銭(1.08%)高の2万3672円52銭で終え、1月24日以来およそ8カ月ぶりの高値を付けた。前日の米株高を背景に市場心理が強気に傾くなか、海外勢を中心に株価指数先物の買いが続いて相場を押し上げた。米中貿易摩擦への過度な懸念が和らいだとして「中国関連」が多いとされる機械株の上げも目立った。東証大 …

  • 米国株、ダウ反発で184ドル高 海外株上昇で安心感、米中摩擦の懸念広がらず 投資情報サイトTRADER-FAN 18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比184ドル84セント(0.7%)高の2万6246ドル96セントで終えた。1月29日以来の高値。米政権が前日夕に対中追加関税の発動を発表したが、18日は中国を含む海外株相場が堅調だったため、米国株も買いが入りやすかった。前日に大きく下げたハイテク株を中心に押し目買いを誘い、相場を押し上げた。米国株、ダウ反発で …

  • 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速 投資情報サイトTRADER-FAN 3連休明け18日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比325円87銭(1.41%)高の2万3420円54銭で終えた。3日間で合計815円(3.6%)上昇し、2月1日以来、約7カ月半ぶりの高値を付けた。トランプ米政権が17日、対中制裁関税第3弾の発動を表明したが、税率の上乗せ幅を当初予定の25%から年内は10%に引き下げたため、「いったん悪材料が出尽く …

  • 米国株、ダウ反落し92ドル安 対中関税の発表を警戒、アップルに売り投資情報サイトTRADER-FAN 17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落し、前週末比92ドル55セント(0.4%)安の2万6062ドル12セントで終えた。トランプ米政権が中国製品への新たな追加関税を17日に発表するとの観測が売りを誘い、一時は下げ幅を124ドルに広げた。中国で生産する製品が関税の対象となるアップルが大幅に下落。航空機のボーイングなど中国売上比率の高い銘柄が売 …

  • 株式投資への増税が2019年度税制改正で浮上、軽減税率の財源確保で :投資情報サイトTRADER-FAN 軽減税率をめぐっては、1兆円前後の恒久的な財源が必要と政府はこれまで説明している。そのうち約4000億円は、低所得者の医療や介護費の負担を和らげる「総合合算制度」の実施見送りで賄う方針だが、残り約6000億円もの財源をいかにして捻出するかが喫緊の課題だ。すでに、昨年末の税制改正で決まったたばこ増税や、給与所得控除の縮小分を財源として当て込む声は出ているものの、そ …


    続きを読む 東証大引け 6日続伸、ダウ平均の最高値や円安、アジア株高を好感